2017年01月16日

懸賞の手間賃の面倒

懸賞には面倒がいまよくあるといわれています。

懸賞によく応募していない顧客は
引っかからないような面倒なのですが、
懸賞にしばしば応募やる顧客は
いつのどんな懸賞に応募していたのかわからなくなっていますから
忽ち、メールアドレスなどで当選のメールアドレスが来たら
懸賞に当たったと思ってしまうかもしれません。

当選のメールアドレスが届いて嬉しがっていて
パッケージを確認してみると懸賞の当選賜物を貰うのに、
送料や手数料が必要だというものだそうです。

そして、ほぼが意外と高額ではないのですが
銀行口座に千円から二千円位の少額を振り込むことになっています。
せどりプライスターの主な機能

仮に懸賞に当たったのに送料や手数料を支払わなかった場合には
こういう権威が消え失せるというもので
締め切りまでに一気に払うようにと記載されているメールアドレスだ。

懸賞に多数応募やる顧客は本当に自分が送って当選したと思って
思わず手間賃を支払ってしまうが
手間賃を支払ったのに懸賞当選賜物が送られて欠ける
というまやかしの面倒に適するケースがありますから
懸賞の当選賜物を味わうのに
お金が多少なりとも掛かるようなところは
気をつけた方がいいかもしれません。

まやかしの可能性があるので注意しましょう。
posted by パラスター at 00:49| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。